理想の婚活服とは

女性の服装というのは、実にアンビバレンスな要素を含んでいます。
(※アンビバレンス=両極端な性質のものが同時に存在すること)

露出度の高い服を着れば、男性の目は引きつけられますが、軽い女と思われてしまいます。 逆に露出度の低い服を着れば軽い女だとは思われませんが、男性の目を引きつけることはできません。 女性自身もこのアンビバレンスのジレンマに悩まされることが多いのではないでしょうか?

着物は男性の目を引き付け、なおかつ貞淑感を演出することができますが、婚活の服装としては現実的ではありません。

ではどうすればいいのかというと、中間をとるのが一番いいのです。
つまりスカートであれば「膝上」くらい、上着も露出度が中間くらいのものがいいのです。 もちろんこれも、僕が自分の好みで言っているワケではなく、科学的な論拠があるものです。

人は、見えないものを想像力で補う性質をもっている

人は、目で見えないものを想像力で補うという性質をもっています。
もっといえば、わからないことは全て自分の都合のいいように解釈してしまうという性質を持っています。

たとえば、
●自分だけは事故にあわないだろう・・・
●あの人は自分を裏切ったりしないだろう・・・
●テレビで見たあのスイーツはきっとおいしいだろう・・・
などなど数え上げればキリがありません。
(極端なマイナス思考の人はこの限りではありません)

つまり「膝上丈のスカート」というのは、相手が想像できる余白が大きい服装であるわけです。 ある人にとっては誠実、しかしある人にとってはセクシーと、色々な捕え方をさせることができるのです。 ミニスカートの女性を「軽そう」として嫌う男性もいますが、そのような男性も十分に射程距離内に捕らえることができます。

少しわかりにく説明だったかもしれませんが、まとめると「スカートは膝上丈」「上着は露出度が中くらいのもの」を着ることが、最も間口を広げておける理想の婚活服なのです。女子アナなどは皆、そういう服装をしていると思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする