理想のメイクとは

男性が惹かれる女性の顔の定義というのは、既に科学的に判明しています。
それは、シンメトリーで女性ホルモンのエストロゲンが多そうな顔です。
シンメトリーとは「左右対称」という意味です。

妊娠中から第二次性徴にかけて、十分な栄養を摂り、かつストレスのない生活を送っていると、人間の顔は限りなくシンメトリーに近くなります。
我々はシンメトリーな顔立ちの人を見ると無意識に 「健康そうだ」 と思うようにできているのです。

「美」の大原則は健康です。不健康そうな人に魅力を感じる人はいません。
不健康な人との間には、不健康な子供が産まれやすくなるからです。

実際にシンメトリーな女性ほど、妊娠能力も高く、体脂肪率も低く、過去の恋人の数も多く、男性からも魅力的に映るということがわかっています。女性アイドルの顔を検証してみると限りなくシンメトリーに近いことがわかります。

シンメトリー顔に見せるためには左右対称のメイクにすることが大事です。
眉毛やアイメイクはもちろん、シミやホクロなども大きいものは百害あって一理もありません。 必要であれば除去するようにしましょう。また、偏った生活習慣を正すことも大事です。 いつも同じ方向を向いて寝ている、いつも同じ手で頬杖をついている、などのクセがある人は直すようにしましょう。

エストロゲンが多い女性はモテモテになる

女性らしさを形成するホルモン「エストロゲン」
女性が、男性ホルモンの多い男性に惹かれるように、男性もこのエストロゲンの多い女性にはメロメロになります。 エストロゲンは、くびれを作ったり、豊かなバストを形成したりすることでも有名なホルモンですが、顔にも表れるのです。

エストロゲンが多い女性は、ほぼ例外なく、唇が厚く、肌ツヤがよく、かわいらしい女性的な顔立ちをしています。 化粧というのは、まさにこのエストロゲンの多さをアピールするアイテムといっても言いすぎではないのです。 メイク時には以下の点に注意するといいでしょう。

●口紅を唇の輪郭よりも少し大きめに塗る
●細いカッチリ眉毛ではなく、やや太めにぼかして書く
●ファンデーションはなるべく「白」に近いものを
●頬に少し赤いチークを塗る
●肌がカサつく人は、十分な水分補給を

目が大きいと若く見える

人というのは、年齢を重ねるごとに顔の面積に対して、各パーツが小さくなってきます。 赤ちゃんは大きな目をしていますが、お年寄りの目は、しょぼしょぼで小さいですね?

ようするに、目を大きく見せるというのは、若返りの効果があるのですが、気をつけなければならない点が2つほどあります。1つは、あまり大きくしすぎないということ。 若すぎるということは、精神的に自立していないということでもあるからです。 必要以上に大きくするのはやめましょう。

2つ目は、あまり不自然な色は使わないということ。 男性が最も嫌う女性のファッションはチークピアス(ほおのピアス)であるというデータがあります。 どんなにキレイなメイクでも、それが人工的だと判断されれば、魅力にはつながらないのです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする