男が女に求めるものは3つ

男が女に求めるものというのは、基本的には3つしかありません。

① 健康な子供をたくさん産んでくれること(多産能力)
② その子供をきちんと育てられること(子育て能力)
③ 浮気をしないこと(貞淑感)

この3つの要素を持っていると思わせることができれば、あなたはモテモテになって、医者だろうが弁護士だろうが結婚相手の男性を選り好みできるようになります。 ウソではありません。 この3つ以外にもあるかもしれませんが、現代の恋愛学ではこの3つしか発見されていません。

「●●は関係ないの?」 とそれぞれの価値観でツッコミを入れたくなる気持ちはわかりますが、おそらく全てはこの3つの中に含まれています。

①の要素というのは、主に外見で判断されます。 なのでそれを外見編ではお話しました。 そして、②と③というのがこの内面編でお話する内容です。
もし恋に迷った時は、どうかこの3つを思い出してください。 きっとあなたを良い方向に導いてくれると思います。

美人は本当に得か?

「美人は得だ」とよく言われますが、もしそれが本当であれば、美人は決して離婚などしないということになります。

美人と美男子の割合は10:1ほどです。 つまり美人は、自分と釣り合う美男子を10倍もの倍率で勝ち取らねばならない宿命を生まれながらにして背負っているのです。 美男子が美人よりも遥かにモテる理由は、単純に数が違うからということだけなのです。

美人というのは生物学的にいえば、上記の①の要素を満たしている人ということになりますが、話が結婚ということになってくると、むしろ重要視されるのは②と③です。

男性は女性よりも視覚が発達していて、しかも視覚による情報は、五感のうちで一番最初に脳に到達しますから、見た目が大事だといういうことは間違いないのですが、それだけでは男性は結婚には踏み切れないということなのです。

恋愛と結婚は同じだという女性は多いですが、男性にとってはまったく別物です。 特に医者は、万が一離婚ともなればその社会的地位も傷つきますから、まったく別次元のものとして捉える人が多いです。

巷の恋愛本に書いてあるような「気持ち」や「フィーリング」といったような抽象的な説明ではなく、生物学的な女性の内面的価値を高める方法というのをここからはお話していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする